人気ブログランキング |

自然がつくりだす風や雲、 色彩豊かに咲き誇る草花と生物たちの営み 、生活のなかで“ふっと”自然の声に気づくことができたら・・・♪♪ このブログは、季節の話をしてゆきます
by tsumura-shoten
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小満 第三候 (5/31~6/4)

d0137328_1521217.jpg

【麦秋至】 むぎのときいたる
麦がみのるころ

秋から冬へと向かうころに種蒔きされて芽吹いた麦は、
麦踏みで根を鍛えられ、すくすくと青葉を伸ばします。
実をつけた麦は黒南風に吹かれ、波打つ穂先は黄金色に輝き、
麦秋の季節を迎えています

麦の収穫を終えるころには、麦わら帽子が似合う
ギラギラした夏がやってきますね

※「黒南風(くろはえ)」は、梅雨の初めころに吹く南風です
by tsumura-shoten | 2008-05-31 23:21

ハコネウツギ

d0137328_9344035.jpg

ハコネウツギの紅が増すころ

南からは梅雨入りの便りが聞かれるようになり、
路地に立つ紫陽花も雨を待ち望んでいるように見えました

とんとん&tontonさま
ナツメロと楽しいコメントをくださりありがとうございます。

今日子さま
“お気に入り”に入れていただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします m(u_u)m
by tsumura-shoten | 2008-05-29 09:34

小満 第二候 (5/26~30)

d0137328_122194.jpg

d0137328_122191.jpg

【紅花栄】 べにばなさかう
紅花が咲き乱れるころ

身近なところで紅い花を探してみると、バラやサツキなどが咲いています

紅花は6月から7月にかけて花開き、
花の咲きはじめは黄色そして朱色に色が変化してゆきます。

不思議な花のひとつにハコネウツギというのがあり、
こちらは白から赤へ色を変えてゆくそうです
衣替えをするなんてオシャレな花ですね
by tsumura-shoten | 2008-05-26 23:21

小満 第一候 (5/21~25)

d0137328_108225.jpg

d0137328_108216.jpg

【蚕起食桑】 かいこおきてくわをはむ
蚕がクワの葉を食べ成長するころ

雨に洗われ、太陽の光を受けとったクワの葉先は
フサフサと柔らかく美味しそうに思えます。
絹匠の蚕は目利きしたクワの若葉をどのくらい食べると、
繭玉の家ができるのでしょうか

クワの実が熟すのを待ち焦がれていたら、
カラスに先を越されていました
食べごろを知っているのですね
by tsumura-shoten | 2008-05-21 23:08

小満

d0137328_102585.jpg

草木が周囲に満ちはじめるころ

小川沿いの散歩道は成長する草木がつくりだす涼しい空気に満ち、
いろいろな生物を観察できる季節になりました。

これから飛びはじめるトンボやホタルの姿を想像するだけでも楽しみが広がりますね。
by tsumura-shoten | 2008-05-21 12:02

立夏 第三候 (5/15~20)

d0137328_2255212.jpg

【竹笋生】 たけのこしょうず
竹の子が土の中から顔を出し生長するころ

雨あがりの早朝、落ち葉の中から突き出した竹の子をみつけました。
土の天井を破り、雨のシャワーで目覚めたばかりの三角帽子からは
強い生命力を感じます。
この力はどこから湧いてくるのでしょう
もしかしたら、かぐや姫が隠れているかもしれませんね
宇宙船に似ている三角帽子の先端は月を目指しているように見えました。
by tsumura-shoten | 2008-05-15 22:05

立夏 第二候 5/10~14

d0137328_12503959.jpg

【蚯蚓出】 みみずいずる
ミミズが土からでて動きまわるころ

地中で生活する働き者のミミズは土を耕し、
樹木の成長を支える肥沃な大地をつくり、
昆虫や動物たちにとって大切で必要な存在です。
ミミズの持つ小さな力は、地球を支え自然を豊かにしています

※ミミズは英語で「earthworm」というそうです。
by tsumura-shoten | 2008-05-11 12:50

レンゲ

d0137328_6424962.jpg

d0137328_6424917.jpg

by tsumura-shoten | 2008-05-10 06:42

立夏 第一候 5/5~9

d0137328_22532741.jpg

【蛙始鳴】 かわずはじめてなく
蛙が鳴き始めるころ

南房総で「カエルの唄」を聞いたころにくらべて日射しが強くなり、
華やかな春の空気から初夏の若緑に包まれるようになりました。
若葉と風がおりなすせせらぎをオーケストラに加え、
水ぬるむ池や田んぼでは蛙のコーラスが楽しめるでしょうね

※「カエルの唄」は、4/11の記事です
by tsumura-shoten | 2008-05-08 22:53

端午の節句

鎮守の森を歩いていると、社の前には南風にゆらめく吹き流しと
輝く太陽にむかって、真鯉~緋鯉~子鯉の順に鯉のぼりが泳ぎ、
社の奥には鎧兜と花が飾られていました

社殿にむかって手をあわせる親子づれがおり、
その姿は鯉のぼりのように大空を泳ぎまわって、
子が健やかに成長することを願っているように思いました
by tsumura-shoten | 2008-05-05 23:51